I like fpga

change the world by fpga
2021/07/23

Kriaのpetalinuxをビルドする [Vivado 2021.1]

ZYNQ   

Kria用にpetalinuxをビルドして動作させてみた。以下のサイトを参考にした。

https://xilinx.github.io/kria-apps-docs/docs/build_petalinux.html

petalinuxの準備

petalinuxの準備を最初に行う。

/opt/pkg/petalinux/2021.1/settings.sh

bspをダウンロード

Xilinxのサイトから、kria用のbspをダウンロードする

https://japan.xilinx.com/support/download/index.html/content/xilinx/ja/downloadNav/embedded-design-tools.html

ビルド

petalinuxをビルドしていく。適当にディレクトリを作成する

mkdir kria
cd kria

プロジェクトを作成する。引数の.bspは、↑でダウンロードしたファイルになります。

petalinux-create -t project -s xilinx-k26-som-v2021.1-updated-final.bsp 
cd xilinx-k26-som-2021.1

ビルドする。ここが3時間ぐらいかかりました。

petalinux-build

SDカードイメージをまとめます。

petalinux-package --wic --bootfiles "ramdisk.cpio.gz.u-boot boot.scr Image system.dtb"
gzip images/linux/petalinux-sdimage.wic

そして、生成したpetalinux-sdimage.wic.gzをbalenaEtcher-1.5.121-x64を使って、SDカードにFlashします。

そして、SDカードをボードにさして、電源Onします。

起動して最後らへんのコンソールです。エラーっぽい感じもあるけど、一応起動した。

Waiting for /dev/mmcblk0p2 to pop up (attempt 9)
Waiting for /dev/mmcblk0p2 to pop up (attempt 10)
Device /dev/mmcblk0p2 not found
udhcpc: started, v1.32.0
[   18.985083] macb ff0e0000.ethernet eth0: PHY [ff0e0000.ethernet-ffffffff:01] driver [TI DP83867] (irq=POLL)
[   18.994850] macb ff0e0000.ethernet eth0: configuring for phy/rgmii-id link mode
udhcpc: sending discover
udhcpc: sending discover
udhcpc: sending discover
udhcpc: no lease, failing
ERROR: There's no '/dev' on rootfs.

sh: can't access tty; job control turned off
/ # 

今回は、k26(SOM)のbspを使ったので、次は、StartKit用のbspで試してみようと思う。

« »